美肌とアンチエイジングに欠かせないのが女性ホルモンです。卵巣から分泌され、月経、妊娠、出産という大仕事をする大事なホルモンが女性ホルモンで、同時に髪や肌に潤いを与えたり女性らしい体を作ってくれる美しさつくりにも欠かせません。さらには太りにくくしてくれるのもこの女性ホルモンといえばもう、女性にとっては、美しさと健康、アンチエイジングに欠かせないホルモンと言えます。

 

が、女性ホルモンもいい面ばかりではありません。

ストレスが増えたり、睡眠不足、ダイエットで負担がかかると女性ホルモンの分泌が阻害されて、ホルモンバランスが崩れます。すると、お肌が荒れたり心身の不調が起こってしまい、こうなると女性ホルモンによって悪い面が出てしまうと言えます。

 

もっと悪いケースになると、子宮や卵巣、乳腺といった女性ホルモンに大きく依存している臓器に疾患を及ぼすこともあるので、女性ホルモンは女性にとって最大の守り神であると同時に、身体に害を及ぼすリスクもある諸刃の存在でもあるのです。

 

女性ホルモンの低下による更年期障害

女性にとって重要な女性ホルモンですが、残念ながら加齢によって分泌量が減っていきます。40歳を越えるとどんどん下降し始め、50歳前後で急激に減ってしまいます。

 

女性ホルモンの分泌量が減れば、自然とその機能も低下してしまいます。今まで女性ホルモンで守られ正常に機能していた身体内のバランスが崩れてさまざまな症状が出る-これが更年期障害です。

 

良く現れる症状と言えば、ホットフラッシュ。突然、大量の汗が噴き出すというもの。動悸や耳鳴り、めまい、精神的に意味なくイライラしたりするもの更年期障害の症状です。ひどい人は高脂血症や骨粗鬆症といった病気になってしまう人もいるくらい、更年期障害は個人差はあるものの女性にとって侮れないものなのです。

怒る女性

現代社会においては女性の社会進出も増えているせいか、30代後半くらいから更年期障害の症状を現す人もいるので注意が必要です。

 

2.更年期障害を栄養を補って克服しよう

こういった更年期障害を引き起こす女性ホルモンは、実は、コントロールすることもできます。

もちろん、医療機関で更年期障害の治療としてホルモン補充療法(HRT)は行われますが、自分で食事やサプリメントで栄養を補うことでも改善は可能なのです。

 

そもそも、女性ホルモンとは具体的はなんでしょう?

 

女性ホルモンには2種類あります。エストロゲン(卵巣ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。これらの2種類の女性ホルモンが、月経のサイクルに応じて増減を繰り返すことで女性の身体を正常に維持しています。このうち更年期に関係が深いのはエストロゲン、プロゲステロンは妊娠を助ける役割があります。

 

女性ホルモンの分泌を管理し分泌を指令するのが脳下垂体。そして指令を受けて実際に分泌するのは卵巣で、エストロゲンによって子宮内膜を厚くしたり、プロゲステロンによって子宮内膜を充実させる働きをしています。

 

このとき、脳下垂体にある視床下部から下垂体に指令が伝達されるのですが、自律神経をつかさどる視床下部は、それまで正常に機能していた女性ホルモンが減ることでバランスが崩れ、自立神経が影響を受けるために更年期にはホットフラッシュや動悸を起してしまうのです。

また、ストレスが精神的肉体的に影響を与えた時にも、視床下部は影響を受けるくらいデリケート。そのためにホルモン分泌がうまくできない場合もあるのです。

 

女性ホルモンの低下で起こる様々な悪影響を低減させるためには、女性ホルモンを増やせばいいはずです。医療機関で行われるホルモン補充療法(HRT)は、まさにこれで直接女性ホルモンを補充する治療が行われます。

 

しかし、この治療法にもデメリットはあります。今まで視床下部、下垂体、卵巣が行っていた女性ホルモンの分泌の指令系統がなくても、女性ホルモンが増えるとなると、次第にこれらの器官が機能しなくなる恐れがあるのです。

更年期障害の症状は減ったものの、視床下部、下垂体、卵巣の機能が低下すればどんどん女性ホルモンの分泌は減り、その影響は増々大きくなるばかりになるからです。

 

そこで、ホルモン補充療法(HRT)と併用して、あるいは別の改善方法として女性ホルモンの材料になる栄養やホルモンを正常に分泌させたりする栄養を摂ることで改善させる方法も一考です。栄養なら副作用も少なく、視床下部、下垂体、卵巣の機能低下も防げます。

 

① コレステロールを摂る

女性ホルモンの材料になるのはコレステロール。コレステロールは細胞膜の材料でもあるので、女性らしさだけでなく身体全体の若々しさを保つ重要な栄養素にもなるわけです。

一般的にはコレステロールと聞くと、健康に悪い成分というイメージもありますがそれは間違いです。

最近はコレステロールが高い方が長生きできる、認知症になりにくいという情報も定着し始めています。

肉や卵に含まれるたんぱく質を多く摂ることで、コレステロールを補充することは女性ホルモンを増やし、女性らしさや美しさ若々しさには欠かせないのです。

 

② イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンの代用として有名です。女性ホルモンの増減に合わせて臨機応変に作用してバランスを整えてくれます。

乳がん、子宮がん、骨粗鬆症の予防にも効果があると言われている栄養です。

大豆は女性ホルモンの代用

 

③ ビタミンE

ビタミンEは、脳の下垂体に多く含まれ、ホルモンバランスを維持する大事な栄養素です。そして女性ホルモンが分泌された時に細胞膜がしっかりとそれを受け取ることが重要ですが、その細胞膜の劣化を防ぎ安定させる働きがあるのがビタミンEです。

 

④ たんぱく質、ビタミンC、パントテン酸

ストレスの影響を受けやすい脳を守るためにはストレスに強い体を作ることが重要です。これにはたんぱく質、ビタミンC、ビタミンB1の一種であるパントテン酸がストレスに対抗するホルモン 副腎皮質ホルモンをつくる材料になって、ストレスに負けない身体作りが可能です。

 

特にビタミンB群は疲労回復にも効果があるビタミンです。パントテン酸は鶏・ブタレバー、たらこ、うなぎ、納豆、アボカドに多く含まれるので、ぜひ意識して摂ることが大事です。

 

⑤ たんぱく質、カルシウム、マグネシウム

カルシウムの濃度を一定に保ってくれる女性ホルモンが低下する40代以降から、女性は骨粗鬆症になりやすくなります。この骨に蓄えたカルシウムが流れ出すのを防いでくれる栄養を補うことが大事です。

 

骨の材料であるたんぱく質、カルシウムは欠かせませんが、このとき一緒に摂ると効果がアップする栄養素も同時に摂りたいです。

たんぱく質を摂るときには鉄、ビタミンCを、そして日本人は不足しがちなカルシウムを摂る際には、カルシウムの吸収をアップさせるマグネシウムをぜひ一緒に摂るようにしましょう。

 

このように、女性ホルモンは必要な栄養素を意識的に摂るようにすることで、加齢による減少を減らすことができます。

食事だけでは足りない部分は、サプリメントを併用してもいいですね。